やましい膣ナラ(ちなら)を予防する手

照れくさい膣ナラ(ちなら)を予防する技

 

セックスの最中におならものの雑音が鳴ってしまい、はなはだ後ろめたい思惑をした体験は一度はあると思います。

 

おならが出てしまったのかと勘違いする父親もいますが、セックス中のその雑音はおならではありません。

 

そのおならものの雑音の原因は『膣ナラ(ちなら)』と言います。

 

ラブグラ,通販,即日,市販,効果,副作用,ちなら

 

膣ナラは
膣ナラは膣から感じが出るおならという事態だ。膣ナラは、体外から膣に入ってしまった感じだ。

 

カラダで生成されて肛門から出るおならは臭いですが、膣ナラにはニオイはありません。

 

おならものの雑音が鳴ってしまうのは、膣に入ってしまった感じがピストン運動を通じて勢い良く出てしまうためです。

 

 

膣ナラが起こり易い体位

膣ナラにはニオイはありませんが、無意識に雑音が鳴ってしまうことがあります。男性には膣ナラに知識がないやつもいるため、おならといった勘違いされるという困ります。

 

膣ナラは膣に感じが入って昨今うと起こり易くなります。面白くなってきたら膣ナラは出やすくなります。

 

また、膣ナラはお産体験のある女性が困り易い乱調だ。

 

 

膣ナラに耐えるやつは膣ナラが起こり易いと言われている体位を避けてセックスください。
・後背周辺
・円滑周辺
・サイド周辺

 

こういう3つの体位は膣に感じが入りやすい体位になります。

 

まず、後背位は伴侶がお尻に方法を置いたら入り易くなります。円滑周辺というサイド位は両足を開いたら膣が変わり感じが入り易くなります。

 

やる気が盛り上がってきたといったたまに、膣内にバルーン事態が発生して感じが留まり易くなることで膣ナラが起こり易くなります。

 

ラブグラ,通販,即日,市販,効果,副作用,ちなら

 

 

膣ナラを防ぐわざ

膣ナラが起こり易い体位を避けても、膣に感じが入ってしまい膣ナラが鳴ってしまうこともあります。

 

それに円滑周辺や後背位は基本的な体位ですので控えるわけにはいきません。

 

伴侶という協力してこなせる3つの膣ナラを防ぐわざを紹介します。

 

 

自分で感じを引き抜く

陰茎を挿入するときに、とにかく両足を閉じて、お尻に力を入れて下さい。

 

お尻に力を入れる結果、膣内にマイナーがなくなり、膣ナラの原因の感じが押し出していただける。

 

 

ゆっくりと陰茎を挿入する

そうして陰茎の差し込み時もゆっくりして下さい。

 

ゆっくりと陰茎を挿入するという、少しずつ感じが押し出されるので膣ナラの雑音も小さくなります。

 

また、ハイウェイでピストン運動をするといった、急に感じが押し出されるので膣ナラが鳴り易くなります。

 

 

奥まで陰茎を挿入する

ゆっくりと陰茎を挿入したら、ひとたび奥まで陰茎を挿入して下さい。

 

裏に溜まっていた感じがぐっすり追い越せるので後ろめたい膣ナラを防止します。

 

膣ナラが鳴り易いやつや膣ナラがなって照れくさい思惑をしたくないやつは試してみてください。

 

>ラブグラの安全な通販はこちら<

 

ラブグラTOPへ